スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宅急便の再配達依頼がいらない? <vol.74>

都会と違うこと。
宅急便の再配達依頼をしなくても大丈夫なこと。

宅急便が届いたときに不在だと、不在票が入りますよね。
それで、再配達依頼の手続をして、指定した日時に荷物が再配達されてきますよね。

でも。
この土地では、再配達依頼の手続自体は存在するものの、しなくて大丈夫。

たいていは、その日の夕方以降に、もう一度来てくれます。
それでも不在だと、宅急便のドライバーから連絡が入ります。
その電話で在宅日時を伝えて、すぐ来てくれたりします。

最初のうちは、いつもどおり再配達依頼の手続をしていましたが、もうやめました(笑)
手続済でも、ドライバーから連絡入ってすぐに持ってきてくれたり、手続が無意味だったりします。

事務的に済ませたい方には合わないかもしれませんが、楽ですよ。

逆に、この土地の人が都会に引っ越したら、宅急便の再配達依頼が都度必要となることに慣れていないので、
不便に感じるかもしれませんね。

『新規就農』のタグをクリックすると
全国で頑張っている新規就農者のブログがみられます。

↓↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

『やにこいフェスタに行ってきました』 <vol.73>

みなべ町合併10周年記念のイベント、『やにこいフェスタ』にウメスケと行ってきました。

10年前の平成16年10月、現在のみなべ町は、旧南部町と旧南部川村の2つの町村が合併することで誕生しました。
その名残で、今でも『旧町』『旧村』と言うこと聞くことは多いです。

『やにこいフェスタ』の『やにこい』は、紀州弁で、『すごい』という意味です。

やにこいにぎわっていました。
こちらに移住してからというもの、行列は滅多に経験しないのですが、今日は何を買うにも行列でした。

混むことに慣れていないからか、お店側は、混んでいても超マイペースで対応していました(笑)。
そのマイペース、なかなかいいね、と思いました。

ステージでは、町内の保育園幼稚園児のお遊戯や、よさこい踊り、きいちゃんダンスなど
ウメスケも楽しんで見ていました。

きいちゃんダンスは参加して一緒に踊りを覚える、という内容でしたが、
ウメスケはシャイなのでダンサーのお姉さんに誘われても完全無視。
お姉さんは心が折れてしまったのか、他の子どものところに去っていきました・・・。
すみません・・・。

やにこいフェスタ ステージ

10周年記念の缶バッチが無料で配られていたので、ウメスケとひとつずつもらってきました。
かわいいです。
梅の花のデザインと、ウミガメのデザインです。
梅の花は周知のことですが、みなべ町はウミガメの産卵地でもあるのです。
産卵時期の夜には、ウミガメの産卵観察会もあり、ウメスケといつか参加したいイベントのひとつです。

みなべ町合併10周年 缶バッチ

そして、和歌山では欠かせない『もちまき』。
今日は梅干とお菓子がまかれると聞いていましたが、イベントの最後にするので、
それまで会場で時間を潰せず・・・もちまきには不参戦で帰宅しました。

『もちまき』を目前にしながら参戦せずに帰るなんて、まだまだ和歌山スピリッツに乏しいウメコかもしれません。
『もちまき』のなりふり構わない争奪戦、なかなか手ごわい文化です。
子どもに譲るとか微塵も感じない気配ですから・・・。

『新規就農』のタグをクリックすると
全国で頑張っている新規就農者のブログがみられます。

↓↓↓↓↓↓↓ 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。